スポンサーリンク

七輪で、豚バラ肉のブロックを炭火焼きしました!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

豚バラ肉のブロックは、3度、美味しいスグレモノ!

最近の健康ブームで、豚肉の脂身は、もちろん、
牛肉の霜降りなんどの脂も、敬遠されそうな雰囲気が漂っていますが、
我が家では、肉といえば、豚肉で、しかも、豚バラ肉が基本なんです。

もちろん、霜降りの牛肉で、すき焼きなどは、大好きですし、
BBQでは、亀山社中のお肉のように、カルビやハラミやもも肉などの
肉の旨味を味わうのも好きですよ。

が、しかし、

やはり、捨てられないのが、豚バラ肉なんです!

豚バラ肉ブロック

ヒレカツより、ロースかつ
フィレ・ステーキよりも、サーロイン・ステーキが
お好きな方は、迷わずに、お試しください。病みつきになりますよ!

バーベキューは、牛肉だけではないのです!

特に、この夏、3度目のベランダでの七輪バーベキューですから、
これまでの2回とは趣向を変えたいという思いから、
(2回とも、亀山社中でした)

 😀 米国産のBBQ用スライスされた牛バラ肉、
 😀 オーストラリア産の豚のスライスされた肩ロース
 😀 そして、目玉が、カナダ産の豚バラ肉のブロック

をバーベキューで味わうことにしました!
もちろん、豚ばらブロックは、そのまま、焼くのではなく、
適度な厚み(7、8mm?)にスライスしてから、焼きます!

豚バラ肉スライス

ご想像通り、豚バラ肉の脂身は、分厚いですから、
焼き方のコツは、ウエルダン(Well-Done)にすること!です。
豚バラ肉の分厚い脂身を網焼きでウエルダンすることで、
余分な脂が取り除かれ、ジューシーな美味しい脂が残ります!
これ、美味ですから、ぜひ、お試し下さいね!

スポンサードリンク

実は、豚バラ肉は、炭の火おこしにも役立つのです!

豚バラ肉をバーベキューで焼くことのメリットは、

つまり、ある程度、炭に火がついてきた段階で、
豚バラ肉を焼くことで、脂が溶けて、炭の上にしたたり落ちて、
一気に、炭火の火力をアップしてくれるわけです。

炭火の炎

でも、かなりの炎が舞い上がりますから、
やけどしないように、気をつけてくださいね!
そして、多少、熱いですが、こまめに、お肉をひっくり返してください!
そうでないと、
あっという間に、お肉が黒焦げになってしまいますので 😥 😥 😥

炭に火を付ける方法は、下記ページをご参照ください。
コチラ ⇓ ⇓ ⇓
炭に火をつけられないと、バーベキューはできない!」ページ

豚バラ肉の燃え上がる炎には気をつけてください!

そして、火力が安定してから、他のお肉や野菜を焼き始めるわけです。

豚バラ肉は、その脂の美味しさだけでなく、
炭火おこしにも貢献してくれるというスグレモノなんです。
健康のために、普段、脂身を避けている方も、BBQでは、ぜひ、豚バラ肉を!

しかも、今回の3種類のお肉は、
すべて、外国産のお肉でしたし、
特に、豚バラ肉のブロックは、安い!経済的ですから、
家計にも優しいメニューになるわけです。
豚バラ肉は、3度、美味しい食材ですから、ぜひ、お試しください!

ちなみに、国産牛、和牛、輸入牛の違いは、下記ページをご参照ください。
コチラ ⇓ ⇓ ⇓
和牛か?国産牛か?輸入牛か?

スポンサードリンク
スポンサーリンク