スポンサーリンク

炭火、炭に火をつけられないと、バーベキューはできないですよ!できますか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク

バーベキューは、           炭に火をつけられないと、始まりません!

😛  キャンプでバーベキューを楽しむ
😛  バーベキュー場で日帰りバーベキューを楽しむ
😛  川原や山で、日帰りバーベキューを楽しむ
😛  コテージに泊まって、バーベキューを楽しむ
😛  自宅のベランダなどで、七輪バーベキューを楽しむ

と、ファミリー・キャンプの基本であるバーベキューの楽しみ方
あるいは、本格的なファミリー・キャンプの準備として、
色んな方法を伝授しましたが、どのケースにおいても、炭火が必要です。

火のついていない炭の準備は、スーパーに行けば買えますが、
炭に火をつけるという行為は
経験しているのと、していないのとでは大違いです。

どんな場所で、バーベキューをしても、
どんな道具を使って、バーベキューをしても、
炭に火をつけるという行為には基本があります。

特に、初心者の方は自己流ではなく、まずは、基本に忠実!でいてください。

基本中の基本を下記に列挙しておきますね。

♦ 火種となる着火剤や新聞紙に火をつける
♦ 火のついた火種に立て掛けるように、炭を置く
♦ 空気の通りと火種の火力を意識して、炭に火が移るかどうかを観察する

3つのポイントを意識することで、   炭火おこしができます。

♦ 火種となる着火剤や新聞紙に火をつける
  

  今は、着火剤という便利なモノがありますので、着火剤の利用をオススメしますが、
  昔は、新聞紙を棒状に丸めて、ライターやマッチで、その先に火をつけて、
  火種とする枯れ枝などに火をつけて、火種を育てるということをしました。

  これも、一度は経験しておいた方が、着火剤を忘れきた場合には役立つでしょう。

 火のついた火種に立て掛けるように、炭を置く
 

  これは、バーベキューでの炭おこし以外でも、共通する火おこしのコツです。
  火種を覆いかぶせるように、炭を置いてしまうと、
  火種に酸素が行き届かなくなり、火種の火は鎮火してしまうので、要注意です。

  適度に、空気を通り道を確保しつつ、あせらず、火おこしをするのがポイント!
  まずは、2、3本の炭に火をつけて、
  火のついた炭を増やすという感じで、火おこしすることをオススメします。

 空気の通りと火種の火力を意識して、炭に火が移るかどうかを観察する

  上記のように、2、3本の炭に火がついたら、
  その火を、たくさんの炭に広げていきます。

  バーベキューのコンロの大きさやバーベキューする網の大きさで、
  どれくらいの炭に火をつけるかが変わってきますし、
  炭の大きさ、長さによっても変わってきますが、

  ポイントは、小さめ、細めの炭から、火をつけていき、
  その小さめの炭が火種として、十分に育ってきたら、
  大きめ、長めの炭を火種に立て掛けて、火を移すという手順でやってください。

という抽象的な表現になってしまいましたが、炭火作りの基本をお伝えしました。

初心者の方も、上記の手順を繰り返せば、すぐに、火の魔術師になれますよ!

  

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク