スポンサーリンク

冬のキャンプで防寒対策は欠かせません!でも、初心者はアウトドアの寒さに要注意!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

冬もキャンプしたい!と思っている方は防寒対策を忘れずに!

雪中キャンプなどにも
挑戦している方であれば、
単なるのキャンプは、
どうってことないと思いますが、
初心者や冬キャンプの経験がない方は、
寒さ対策を万全にしてください!

冬キャンプ服装

と言っても、
防寒対策さえ、
しっかりと準備できていれば、
なんてことはないです!
でも、普段から、
寒さに弱い方は避けた方が
良いかもしれませんね。

キャンプに必要な道具は、
下記ページをご参照ください。
コチラ ⇓ ⇓ ⇓
重宝する道具リスト」ページ

寒さには火と服装で対策を打ちます!

アウトドアなキャンプでは、
基本的には
電源がないわけですから、
電気毛布やコタツは
使えないと思った方が、良いです。
キャンプ場には、テントサイトに
電源が
設置されているところもありますが、
多くはない?

もちろん、
電源が
設置されているキャンプ場を探せば、
見つかりますので。ご安心を!

焚き火

でも、
せっかくのアウトドアでの
キャンプですから、
冬の寒さも、
ワイルドな防寒対策で対抗した方が、
楽しいと思います。
つまり、寒くない服装に加え、
火の暖かさを活用するということです。

キャンプに行く前に準備すべき道具は、
下記をクリックしてご覧ください。

コチラ ⇓ ⇓ ⇓
キャンプに行く前に準備すべき道具」ページ

バーベキューコンロか焚き火用コンロか?グリル?か?

寒くない時期のキャンプでも、
基本的は、
バーベキューをするためのコンロは
使うわけですから、
バーベキューコンロさえあれば、
寒さはしのげます。
少なくとも、
バーベキューしている間は、
暖かいですからね。

でも、世の中には、
オシャレな焚き火用のコンロ?
グリルも存在しますので、
バーベキューコンロとは別に、
準備しておいても良いでしょう。

焚き火用のグリルは、
銀色に反射する金属で
できているものが多いですから、
炎を反射して、
熱効率は高いことが期待できますので、
焚き火用グリルの方が、
寒さ対策には
向いているのではないでしょうか?

焚き火グリル

私の場合は、
バーベキューコンロを代用してましたが。。。。。

そして、防寒対策で最も重要な服装は?

寒い時期の服装、
そして、アウトドア、
屋外での服装ですから、
ご想像通り、
スキーする際の服装、
ウエアをイメージすれば、OKです。

少なくとも、
下着というか、
アウターの下に着るインナーなどは、
スキーをする際の
アンダーウエアを代用できますし、
スキーしない人の場合は、
どこかで売ってるヒートテックで、OKです。

下半身はタイツをはきましょう!

ダウンジャケット

そして、アウター、
つまり、上に着るモノは、
体温を逃がさない素材や
毛糸のセーターなどを着た上に、
ダウンジャケットを着た方が良いでしょう。

お持ちなら、丈の長いダウンコートなら、
足も保護できますから、バッチリです。

そして、テントの中で寝る時は、シュラフ(寝袋)ですが、

テントの外で着ていた服装のまま、
シュラフに入ってしまう!で、
OKです。

まさか、テントの中で、
パジャマに
着替えたいなんて方はいないですよね?

寝袋

そして、それでも、
まだ、寒いかも?と思う方は、
シュラフの中に、
毛布にくるまって、
寝るということでも、良いでしょう。

それでも、心配な方は、
シュラフとテントの床の間に、
何かを敷くのが良いでしょう。
例えば、
空気(エア)ベッドなどがあれば、
地面からの冷たさは、
ある程度は、遮断できます。

と、思ってたのですが、

エアベッドは
冷たい空気が滞留してしまい、
寒くなる可能性があるということで、
賛否両論のようで、
インフレータブルマットの方が
オススメ!
というキャンプ場のスタッフの
意見をお聞きしましたので、
お伝えします。

そして、
まだ、寒いかも!と思ってる方は、

電源のあるテントサイトであれば、
電気カーペット
電気毛布?ん?じゅうたん?を持参して、
テントの中に
敷いてしまうということもありでしょう。

でも、そこまでやっちゃうと、
アウトドアでの
キャンプじゃないような気もしますが。。。

しかし、ベテランキャンパーなどは、
こんなこともやってます。
下記ページご参照 ↓ ↓ ↓
テントと生活スペースを合体」ページ

そして、
テントの中で使うグッヅのアイデアは、
下記をご参照ください。

コチラ ⇓ ⇓ ⇓

テントの中で寝る時も。。。」ページ

スポンサードリンク

それから、やはり、身体が温まる豚汁なんかも、オススメですね!

火、服装、
テントの中の防寒対策が整ったら、
最後は、食事ですね!
もちろん、
バーベキューしたら、
炭火が暖かいわけですが、

身体の中から、
温めるのは、やはり、豚汁ですね。

豚汁

豚汁については、下記ページで、
ご紹介していますので、ご参考にどうぞ!
コチラ ⇓ ⇓ ⇓
バーベキューの後は、豚汁!」ページ

そして、
鍋!も良いですね!鍋については、
下記ページです。
コチラ ⇓ ⇓ ⇓
キャンプと言えば、バーベキューですが、鍋はいかがですか?」ページ

ちなみに、冬キャンプもできるキャンプ場の方のオススメ防寒対策は?

冬キャンプが
できる静岡のキャンプ場の
知人の意見を聞いてみましたので、
ご参考までに、
記事を追加しておきます。

服装については、

やはり、
発熱素材のインナーを使用し、
その上に、
湿度を放出してくれる
透湿性のあるゴアテックスや
ダウンジャケットがオススメということです。

そして、お好みですが、
ニット帽、
ネックウォーマー、ひざ掛けがあれば、
重宝します。
足元は、
靴下も、ウールの厚手靴下に、
レッグウォーマー。

でも、基本的には、
私の経験で問題ないと
言いうことで良かったです。

テントとタープについては、

冬のキャンプで寝る場所。。。
のページでも、紹介していますが、

外気とテント内の空気を
遮断する効果がある
スカート付きのテントがオススメ!

そして、
タープは、
やはり、風を通さないという観点で、
スクリーンタープ、
あるいは、リビングシェルが効果絶大!

これは、上記のページでも、
ご紹介しているテント・イン・タープ
という発想と同じのようで、
下記の写真では、
見えないかもしれませんが、
リビングシェルの中に、一人用ですが、
テントを入れているということです。

リビングシェル

そして、テントの中の床には、

銀マットを敷き詰めて、
その上に、
毛布などを敷くというのも有効!
要するに、テントの床の下は、
地球、つまり、地面か草地ですから、
地面からの冷え込みを
いかに、遮断するかが、
重要であるということです。

そして、上の方で書きましたが、
エアベッドよりも、
インフレータブルマットがオススメだという
ご意見も聞きました。
インフレータブルマットは、
下記のように、
空気を入れるのですが、
エアベッドほど、厚みがないのです。

寝袋(シュラフ)は、
やはり、秋冬用がオススメで、
毛布などに包まるのもOKですが、
湯たんぽも、グッドだそうです。

それから、
文明の利器である暖房については、

電源があるかないかで、大違いになりますが、
電源が準備されているキャンプサイトでは、
やはり、電気ストーブが
安全かつ暖かいということです。

ただ、電気ストーブは熱効率が悪く、
ストーブの前だけが暖かいという面もありますが、
あった方が良いですね。

そして、電源がないキャンプサイトでは、

ガスカートリッジ式のヒーターが便利ですが、
間違っても、テントの中に持ち込んで、
そのまま、寝てしまうようなことは、
絶対に、しないようにしてください!

薪ストーブをテント内で、
使用している場面を見たことがありますが、
これは、極めて、危険な行為ですから、
慣れてない方は、絶対に、やめましょう!
火事の恐れもありますし、
一酸化炭素中毒になる危険性もありますので、
充分に、ご注意ください。
楽しいキャンプのはずが、
とんでもない事故につながってしまいますよ!

それでは、冬キャンプというものは、
行けば、行ったで、楽しいのですか。
年を取ってくると、
寒さには弱くなってきてしまい、
テントでキャンプではなく、
大自然の中にある
キャビン、バンガロー、コテージなどを
利用したいですね。
でも、若い方々は、ぜひ、ご経験ください。
でも、十分に気を付けてくださいね。

冬キャンプの一つ、
年越しキャンプはいかがですか?
こちらのページで、ご紹介してます。
ご参考に、どうぞ。⇓ ⇓ ⇓
冬キャンプですが、大晦日からの年越しキャンプはいかがですか?一味違う正月を迎えられそう!

スポンサードリンク
スポンサーリンク