スポンサーリンク

キャンプ場でのやるべきことは、作業リストを作成しておくと、キャンプ場では楽々です!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプすることを思い描いて、    作業リストを作成しておきましょう!

初めてのキャンプを順調に進めるために
やるべきことをリストにします。
個々の内容は、個々のページで、確認してくださいね。

♥ 早めに、キャンプ場に着くこと!
  1)キャンプを2度、3度と経験し、やるべきことがわかるまでは、
    なるべく、早く、現地に到着することを励行しましょう。
  2)チェックインできる時間によりますが、
    お昼過ぎ(14時頃)までには到着しましょう!
  3)当然、道中の道の込み具合も計算に入れ、
    当日は、早起きして、早く、出発しましょう!

♥ 確認すべきことは、しっかりと確認しておく
  1)キャンプ場内の共有施設などの位置
  2)チェックアウト時間などのマナー関係
  3)周辺情報
  4)テントを張る場所(テントサイト)の周辺情報

♥ まずは、テントを設営しましょう!
  1)テントサイト(張る場所)が指定されているのか、いないのか(事前確認)
  2)テントサイトが指定されてない場合は、場所を決める(別ページ参照)
  3)テントを設営する手順は、付属の説明書に沿って、行う!(別ページ参照)
  4)テントを固定するペグの指し方にも注意(別ページ参照)
  5)テントサイトの地べたは、土?芝生?草?の違いも考慮する(別ページ参照)

♥ バーベキューの準備も早めにやりましょう!
  1)テントの設営が終わったら、バーベキューする場所を決めます(生活スペース)
  2)バーベキューコンロ、テーブル、イスの配置を考え、スペースを確保する
  3)時間にもよりますが、5時頃には、炭に火をつける(炭火おこし)を開始する
    (もちろん、自信のある方は、食べる時間に合わせて、開始してください)
  4)バーベキュー・スペースにタープを使う場合は、タープを貼る(別ページ参照)
  5)持参した食材や食器など確認し、足りないものがあれば、調達する

というようなことが、キャンプ場についてから、やるべきこととなります。

キャンプ場では、                           早め早めの行動がベストです。

アウトドアに慣れるまでは、上記のことを優先して、早めにやっちゃいましょう!
もちろん、全ての作業が終了し、
バーベキューを始めるまでの時間の余裕があったら、存分に、遊んでください。

せっかくの大自然の中でのイベントですから、
お子さんが普段の生活では経験できないような森の探検などを楽しんでください。
夏場に行く場合、かつ、川や湖などの水辺の近くなら、水遊びも、良いでしょうね!

スポンサードリンク
スポンサーリンク