スポンサーリンク

キャンプに行く前にバーベキューや料理の下準備をしておくと、快適ですよ

スポンサードリンク
スポンサーリンク

バーベキューや料理の下準備を     しておいて、キャンプ場で楽しましょう!

キャンプは楽しいイベントですが、
あれもこれもしたい!と、欲張らないことがポイントです。
特に、初心者の場合は、企画倒れになる可能性もあるので、慎重に!

とは言え、キャンプ場でも、
必ず、食事(もちろん、イチオシはバーベキュー)はしますから、
少なくとも、食材はキャンプに行く前に買っておいた方が良いでしょう。

もちろん、キャンプ場の近くに、スーパーなどがあるという確証があるなら、
キャンプ場に着く前に、寄っていくということも可能ですが、
あれがない!これがない!ということにならないためにも、事前の買い物が良いでしょう。

キャンプでの食事は、キャンプに慣れてくるまでは、
やはり、炭火を使ってのバーベキューをメインで考えた方が良いと思っていますが、
炭火があるわけですから、

網で、肉や野菜を焼くバーベキューは、もちろん、
網の代わりに、鉄板を使えば、焼きそばなどの他の料理も、楽しめます。

スポンサードリンク

キャンプの準備として、                野菜などは適度な大きさにカットしておく!

そこで、網でバーベキューをやるにも、鉄板で焼きそばをやるにも、
必要な食材の下準備をしておいた方が、キャンプ場では便利です。

つまり、焼く食材、特に、野菜関係は、
キャンプに出発する前に、自宅で、適度な大きさにカットしておく!
ということを下準備しておくと、キャンプ場では、焼くだけ!で済みます。

バーベキューで焼く野菜、例えば、
玉ねぎ
とうもろこし
なす
ピーマン
などは、あらかじめ、カットしておいた方が、
キャンプ場で、まな板や包丁を使う必要がなくなります。

お肉も同じことが言えますので、
まずは、バーベキュー」のページでご紹介していますので、
ご参照ください。

また、焼きそばに必要な豚肉、キャベツやモヤシなども、
事前に、カットしておいた方が、現地では、
鉄板の上に、乗っけるだけで、調理開始できますので、オススメします。

キャンプ、そして、キャンプでの料理になれてきたら、
他の焼き物、煮物などにも挑戦しても楽しいですが、
慣れるまでは、炭火で、バーベキューをメインに楽しんでくださいね。

キャンプに慣れるまでは、基本的には、現地での作業が少なく済むように
出発の前に、準備しておくことが成功の秘訣です。

上記でお伝えした食材を事前にカットしたものは、
キャンプで飲むビールの持参方法」のページでお伝えしている方法で
冷蔵庫代わりになるクーラーボックスに入れて、持参すれば、OKです。

特に、夏場に行くキャンプでは、食材の保管方法は重要になりますので、
ぜひ、冷蔵庫代わりのクーラーボックスの利用をオススメします。
楽しいはずのキャンプで、お腹が痛くならないように、ご注意くださいね!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク