スポンサーリンク

キャンプでの料理と言えば、バーベキューですが、鍋料理は、いかがでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプで、鍋を楽しみましょう!

キャンプと言えば、炭火をおこして、バーベキュー!焼きそば!

と連想してしまいますが、

キャンプ、アウトドアライフに慣れてきたら、

が、オススメです!

さすがに、真夏には向いてないですが、

秋が近づいてくると、キャンプ場の夜は、けっこう、涼しくなってきますので、

鍋などを楽しむのは、グッドアイデア!です。

寄せ鍋

しかし、鍋となると、準備が大変?

と思うママさん達も、いらっしゃるかと思いますが、

キャンプ場での料理は、男子ごはん、男の料理的で、大丈夫です!

つまり、キャンプでの鍋料理は合理的に 楽(ラク)しちゃいましょう!

ということです。

例えば、鍋料理での最大のポイントは、

何鍋?

何味の鍋?

ということになってきますが、

簡単に、

味噌だけにしちゃう!

というのでも、キャンプでは、OKですが、

最近は、便利な世の中になってきたもので、

スーパーに行けば、

鍋のだしスープ?が、たくさん、販売されてますよね?!

しかも、迷うほど、色んな味の鍋スープがあります。

鍋スープ

塩とんこつ

味噌とんこつ

醤油とんこつ

担々麺なべ

鶏ガラスープなべ

と、メーカー各社が、しのぎを削って、色んな鍋スープを

開発してくれていますので、

それを活用しないのは、もったいない!です!

スーパーで、鍋スープを買っちゃいましょう!

我が家は、家族全員が鍋好きなので、

夏が終わると、鍋シーズン到来!ということで、

味噌鍋

しょうゆベースの和風鍋

中華風ラーメン鍋

カレー鍋

担々麺風鍋

などをローテーション組んで、順番に食べているのですが、

最近は、スーパーで売っている珍しくて、美味しそうな鍋スープを物色し、

試してみるということを楽しんでいます。

好き嫌いはあると思いますが、基本的に、どこの、どの鍋スープも、美味しいです。

スポンサードリンク

市販の鍋スープ(ダシ)は超スグレモノ!

鍋スープがあれば、

あとは、具材の野菜などを切るだけで、OKですよね?

肉やつみれなどは、そのまま、ポイっと、入れるだけで良いですからね。

カキ鍋

(出典:kateiryouri-otaru.seesaa.net)

あとは、煮えるのを待つだけ!

具材が少なくなってきたら、追加するだけ!

締めに、うどんやホウトウなどを入れれば、

ハイ!お腹いっぱ〜い!

ぜひ、暑くない季節になってきたら、鍋で手抜きキャンプしましょう!

でも、検討すべきポイントがあります!

要するに、キャンプで、鍋を煮るための火をどうするか?!  

もちろん、バーベキューする時と同じように

バーベキューコンロで、炭火をおこし、

網の上に、鍋を置いて、煮るということで、OKなんですが、

もっと、手抜きしたいなら、

自宅のガスコンロに火を付ける感覚で利用できるキャンプ用の

ホワイトガソリンを使ったバーナーなどを使うと、便利ですよ。

ホワイトガソリンバーナー

でも、持ってない場合もあるでしょうから、

そういう時は、市販されているガスコンロ、つまり、カセットコンロ!

があれば、自宅で、鍋するのと、まったく、同じ感覚でできちゃいます。

キャンプでの鍋料理は、カセットコンロが、超便利!

楽する時は楽しましょう!

自宅で使ってるカセットコンロで大丈夫です!

カセットコンロ

ママさん達も、キャンプというイベントに来てるわけですから、

旅行気分で、楽するのが、精神衛生上も健康だと思います。

具材なんかも、

キャンプ場の近くにあるスーパーや八百屋で買うのも、OKでしょうし、

ひょっとしたら、

地元の珍しい素材をゲットできるかもしれません!

基本的には、キャンプ場は、山の中や田舎にある訳ですからね。

ボタン鍋

もみじ鍋

なんていうのは、お好みですが、

地元産の美味しい豚肉や牛肉を楽しむというのも、良いですよね。

キャンプ場の地元で、地産地消の貢献!

以前、年1回、友人の7家族ほどで、泊りの旅行に行っていましたが、

どこかのページでも書いているように、

ある時期から、ホテルで泊まって、昼間に、バーベキュー!が定番になりました。

そして、2年連続で、三重県の方に行ったのですが、

つまり、松坂牛、松坂肉を安く、調達して、贅沢なバーベキューをしてました。

贅沢と言っても、地元のスーパーで、松坂肉を買ったわけですが、

やはり、普通に、東京で買うよりは、かなり、割安だっという記憶があります。

という感じで、キャンプに慣れてくると、

キャンプ場での料理も、

バーベキューだけではなく、

色々と、工夫してみるのも、良いと思います。

さらに、楽しみが増えるのいではないでしょうか?ぜひ、お試しくださいね!

スポンサードリンク
スポンサーリンク