スポンサーリンク

キャンプで味噌汁などの煮物も作りたいなら、こんなものも準備してください

キャンプでも、味噌汁を飲みたい!   なら、この道具があれば、便利です。

初めてのキャンプ、キャンプ初心者、バーベキュー初心者は、
欲張らないで、「ますは、バーベキュー」をオススメしますが、
お泊りした翌朝には、やっぱり、味噌汁を飲みたい!と思う方もいるでしょう。

できれば、テントでお泊りした翌朝の朝食時でも、
炭に火をつけて、炭火をおこすことをオススメしますが、
また、朝も、炭に火をつけるのが面倒だと思う方は、
ご自宅で、鍋料理を楽しむ際のカセットコンロ(ガスボンベ利用)を持っていく
というのも、アイデアの一つです。

キャンプに行って、カセットコンロを使うのは、何となく、私は抵抗がありますが、
合理的や利便性を重視されるのであれば、カセットコンロ利用も有効です。
カセットコンロがあれば、簡単に、煮物もできますので、料理の幅も広がりますからね。

でも、本当は、煮物も、炭火でやって欲しいなとは思っていますが。。。。。

カセットコンロがあれば、
♥ お湯を沸かす
♥ 味噌汁を作る
♥ ご飯を炊く
♥ カレーを作る
などということが、簡単にできますから、便利は便利です。

でも、やはり、これらの鍋を使う煮物なども、
炭火の火の調整をしながら、時間をかけて、調理することをオススメしたいです。
このあたりは、皆さんのお好み、こだわりにお任せ!ということでしょう。

スポンサーリンク

キャンプで持ってると、        カッコイイ道具もあります。

ただし、キャンプ専用の煮物ができるコンロも存在します。
ホワイトガソリンを使う本格的な二口のコンロもありますので、あれば、便利です。
私も、ホワイトガソリンもコンロを持っていますが、料理の幅は広がりました。

例えば、バーベキューをしながら、コンロでは、とん汁を煮るというようなことも
可能になりますし、食後のコーヒー用のお湯を沸かすということも可能です。

でも、このような便利なものを準備するには、費用が必要になりますから、

「キャンプは楽しい!」
「これからも、キャンプしたい!」
「色んな所で、きゃんぷを楽しみたい!」

という気持ちを実感してから、準備することをオススメします。無駄遣い、注意!

というように、

キャンプに行く時の事前準備では、
電気がない場所で、寝泊りする、食事を作る、食事をするわけですから、
何が必要だろうかと、

普段の自宅での生活を思い出しながら、
準備するのがポイント!ですが、ここでも、欲張りはしないことですよ!

電気がない生活というのは、なかなか、経験できませんから、
万が一、災害などで、停電になってしまった時には、その経験が役立ちます。

つまり、サバイバル術が身につくという言い方もできますので、
キャンプは、楽しみながら、色んな経験を積めるという貴重な経験の宝庫です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする