スポンサーリンク

バーベキューの後には、豚汁(トン汁)などの味噌汁はオススメ!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプに慣れてきたら、豚汁にも挑戦!

キャンプを2度、3度と経験してからで、
OKなんですが、
バーベキューをメインとした食事ですから、
豚汁、味噌汁などを作る!
ということも、オススメします!

理由については、余計な説明は必要ないと思います。

あれば、美味しく、みんなが満足できるでしょう!

例えば、
オニギリや焼きおにぎりなども準備しているなら、
そこに、豚汁があったら、
どんなに、幸福でしょう!?
ママさん!
ちょっとだけ、頑張って!という感じですね。

具材は、事前に、カットしておくと便利!

ただ、
豚汁となると、具になる食材の準備が必要になります。

豚肉
だいこん
にんじん
こんにゃく
うす揚げ
豆腐

などが代表選手というところでしょうか。

これらを現地で、
切って、準備するというのは大変でしょうから、
キャンプに行く前日に、
自宅で、ママさんにご準備いただくのが良いでしょう。
具にする食材を適度な大きさに切っておくということだけです。

あとは、ダシや味噌を持っていけば、
テントサイトでは煮るだけということになります。

となると、当然、鍋も必要になりますので、お忘れなく。

さらに、バーベキューをやりながら、豚汁を煮るとなると、
火が、もう一つ、あれば便利ですね。

スポンサードリンク

キャンプ道具の一つにあれば、     便利に使えるコンロ、バーナー

もちろん、バーベキューコンロの片隅で、
時間をかけて煮るのもOKですが、

ホワイトガソリンのコンロ

あるいは、

自宅で普段、
使っているカセットコンロなどを準備して行けば、
別の火で、豚汁や味噌汁を煮ることができます。

ホワイトガソリンのコンロは、
持っていると、カッコイイですし、
あると便利です。

しかも、災害時のサバイバル用品にもなりますが、
買うとなると、お金がかかってきますから、
無理のない範囲で、検討してください。

これは、皆さんのご判断にお任せします。
あれば便利なモノというものですので。

豚汁や味噌汁は、多めに作っておけば、
翌朝でも食べられますので、便利です。
夏場だと、豚汁が冷めてから、クーラーボックスなどに
鍋ごと入れて、保管しておいて方が、良いと思いますが、
それも、お任せします。

シンプル・イズ・ベストではありますが、
苦にならなければ、色んなグッズを揃えると便利です。

でも、キャンプ料理は、
手間がかからないものが良いですから、

準備や材料には工夫が必要です。

少しずつ、レパートリーを増やして、
思い出に残るキャンプを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク