スポンサーリンク

キャンプに行く前の準備で、灯り(ランタン)は重要です!必須ですので、お忘れなく!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプ場の夜は暗いです。      灯り(ランタン)の準備を忘れずに!

お泊りキャンプで、忘れてはいけないのが、灯りです。
お泊りするわけですから、夜も、キャンプ場で過ごします。
バーベキューする時も、炭火の明るさだけでは足りないです。
やはり、ある程度、食事する手元が見えて、
テーブルの反対側に座っている人の顔が見える程度の明るさが必要です。

一般的に、キャンプでの灯りは、写真のようなランタンを使います。

ランタンには、オイルに火をつけて、灯りとするランタンと、
電池で、懐中電灯の原理で、灯りをともすランタンがありますが、
これは、どちらでも、お好みで良いと思います。

が、風情があって、キャンプらしいのは、オイルのランタンがイチオシです。

ただ、テントの中など、寝る前につける灯りだと、電池式ランタンの方が
安全ですから、オイルランタンと電池式ランタンの両方、準備すべきでしょう。
バーベキュー、食事の時は、オイルのランタン、テントでは電池式ランタンです。

スポンサードリンク

キャンプ場の夜に行動するにも、灯りは必要です。

あと、キャンプ場によっては、トイレなどの共有施設に行くまでの道が
暗かったりしたりすることもありますので、
懐中電灯のようなものも、あった方が良いです。あれば、便利です。

ただ、キャンプですから、手で持つタイプ、
つまり、自宅にあるような懐中電灯ではなく、
頭に付けるようなヘッドライト?のような電池式ライトがカッコイイです。

頭にライトを付けることにより、両手が空きますから、便利ですしね。

肝試しのように、お子さんと、夜の森を探検するような時も、
頭に付けるようなライトの方が、臨場感があって、良い思い出になりますよね。
ぜひ、ご検討ください。

ランタンや頭に付けるライトなんかも、
キャンプに必要なものを準備する」のページで紹介しているサイトに
出ていますので、一度、ご覧下さい。

バーベキューの時の灯りはお好みで複数のランタンを!

バーベキューをしている時のランタンは、
テーブルの大きさにもよりますが、二つあれば、かなり、明るいですが、
テーブルの中央に、一つだけでも、オイルランタンなら、大丈夫でしょう。

でも、これも、お好みですから、
一度、ご自宅で、夜、試してみた方が、良いかと思います。

周りが真っ暗の中で、ランタンだけの灯りが輝いているテーブルで、
食事を楽しんだり、会話を楽しむって、ロマンチックですよね。

ぜひ、夜空の星を眺めながら、テレビのない家族団欒を満喫してください。

普段、できないような会話ができて、家族が一致団結し、
お子さんの良い思い出にもなるというキャンプを
早く、実行してください。でも、焦らず、欲張らず!が基本ですので、お忘れなく!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク