スポンサーリンク

キャンプ場で、あわてないためにも、こういうことは事前に確認しておいてくださいね!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプを快適に安全に楽しむために、 事前確認が重要です!

キャンプ初心者は、
1.早めにキャンプ場について
2.まずは、テント設営を済ませ
3.バーベキューの下準備をする
という余裕のある行動が、キャンプを楽しい思い出にする秘訣となります。

でも、その他にも、キャンプ場で楽しむ前にやっておいた方が良いことがあります。

♠ 共用施設の確認
  ・トイレの場所
  ・水場、炊事場の場所
  ・管理棟の場所
  ・車を乗り入れることができない時は、駐車場の位置
  ・万が一のための自動販売機の場所

♠ 知っておいた方が無難な情報を収集
  ・周りに危険な場所がないかの確認
  ・キャンプ場から一番近い店(食材、薬など)
  ・天気予報(夏場だと、台風には要注意)
  ・チェックアウトの時間
  ・当日のキャンプ場の込み具合

♠ テントサイトの周りの様子など
  ・ご近所さんとの距離(区画整理されていない場合)
  ・区画が割り当てられている場合は、区画から、はみ出ていないか?
  ・ご近所さんの様子(トラブルは回避すべきなので)
  ・できれば、ご近所さんには、挨拶をしておく

思い付いたのは、ざっと、こんな感じですが、
せっかくの楽しい思い出となるはずの初めてのキャンプが
色んなことで、台無しになってしまうのは、残念ですから、
確認できることは確認しておき、
いざという時に、役立てるようにしましょう。

他のキャンパーとのトラブルは絶対に避けましょう!

特に、キャンプに来ている他の人達との間で、
トラブルなんかがあると、いや〜な思い出になってしまいます。

お泊りの場合は、ついつい、お酒を飲み過ぎることもあるでしょうから、
酔った勢いで、トラブルを起こさないように気をつけましょう。

自然の中で飲む酒は美味しいですから、飲み過ぎ注意!

それから、私の経験からの話ですが、
せっかく、計画を立てたキャンプですから、
多少の悪天候でも、決行することがあります。

私の場合は、キャンプ場のある地域に、台風が直撃するかもしれない
という状況でも、決行してしまい、
着いた日と翌日の夜までは、十分に楽しめたのですが、

2泊でのキャンプでしたので、2日目の夜に台風が接近し、大雨!
テントの下には、水が流れているというような状態でした。

翌朝も、まだ、雨は止みませんでした。

天気予報も、要チェック!

台風が直撃というわけではなかったのですが、
風も強くなってきて、これは危険?という状況になってきた時、
キャンプ場の方から、「撤収命令」が出て、雨の中、撤収作業を開始。

ずぶ濡れになりながらの撤収作業でしたが、
特に、何の問題もなく(雨には濡れましたが)、帰路に付けました。

実は、これが、初めてのキャンプだったのです!

ということも、大自然の中でのキャンプでは、あり得ることですから、
事前の天気予報の確認は重要ですし、
キャンプ場からの連絡にも耳を傾けるという姿勢も大事です。気を付けてくださいね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク