スポンサーリンク

キャンプに行く前に、キャンプに必要なものを必ず、準備しておくことが重要です!

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプは              屋外で生活するということを忘れずに!

キャンプに行く前に、バーベキューを経験すべきと、お伝えしていますので、
バーベキューで必要なものは、「まずは、バーベキュー!」のページで
お伝えしていますので、参考にしていただくとして、

ここでは、お泊まりのキャンプに行く際に、必要なものをお伝えします。

お泊まりで行くと言っても、基本的には、
♠ バーベキュー(食事)
♠ テントで寝る
という二つが、大きなイベントでありますので、
準備すべきものも、この二つのイベントに必要なものとなります。

それ以外のモノは、
キャンプの経験を積み、自分なりに、あれば便利!的な発想で、
順次、準備すれば良いと思います。そこは、お好みで、どうぞ!

♠ テントで寝る で、必要なモノ
  ・テント(家族の人数で、大きさが変えます)
  ・寝袋(シュラフとも言いますが、人数分、必要です)
 
  基本的には、上記の二つがあれば、テントで寝ることができます。

しかし、現地施設によっては、
テントを設営する場所、つまり、地べたが、どういう状態であるかによって、
工夫が必要な場合もあります。

スポンサードリンク

テントの中で寝る時も         快適にしたいですよね!

これは、私の経験を通して、アドバイスできる部分ですので、
参考として、お聞きください。

必須条件ではないですが、
準備しておくことで、あとで、「良かった!」
と思えるようなことになります。私の個人的な意見として、お聞きくださいね。

♦ 現地のテント設営場所が、「土」の場合
  キャンプ場によっては、草原の上にテントを設営できたり、
  芝生の上に設営できる施設がありますが、
  「土」の上に、テントを設営する場合には、工夫が必要です。

  なぜかと言いますと、
  「土」の上に、テントを設営し、
  その中で、寝袋(シュラフ)で寝るという形になると、

  寝袋(シュラフ)の直下(すぐ下)が、「土」ですので、
  一晩、寝ている間に、背中が痛く感じることになる可能性があります。
  
  つまり、自宅の布団やベッドに比べると、背中の下が硬い!といことです。

  テントの中の床に該当する場所は、薄い布だけですから、
  そこに、寝袋(シュラフ)をおいても、大したクッション性は期待できません。

  特に、ふっくら布団やベッドが好きな方には、以外に、苦痛となり、
  キャンプでは、熟睡できないということになりかねません。
  実は、私が、そうでした。

そこで、ご提案したいのは、

テントの中の床にあたる部分に、何かを敷くというものです。

私の場合は、
♥エアーベッド
♥クッション性の高い簡易的な床材
などを試しましたが、二つ目の床材が有効だと思っています。

なぜかと言うと、
エアーベッドは、空気を入れるのが一苦労で、かなりの時間を要します。
そして、けっこう、割高でした。

一方、床材は、いくつかの床材を
テントの大きさに合わせて敷くだけという簡単な作業で、OKです。

お好みにもよりますが、
床材の方が、本来が床材ですから、自宅で活用できるということもあり、
効率的、割安的に、活用できると思います。

テントや床材は、
世の中には、たくさんの種類が出回っていると思いますが、
ご参考までに、下記のサイトを登場しています。

テントも、世の中には、どれが良いのか、判断できないほどの種類が存在します。

テントについては、
「安かろう、悪かろう」が通用しそうな世界なので、
相応の値段のモノの方が、安心感があります。これも、下記サイトを参考にどうぞ。

ちなみに、その他、「あれば便利?」と思えるようなモノも掲載されています。

♦テントと床材♦

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク