スポンサーリンク

バーベキューする時のコンロは、どういうのが良いの?初心者がバーベキューコンロを選ぶ時のポイント

スポンサードリンク
スポンサーリンク

バーベキューで            炭火を燃やすコンロ、グリルの選び方は?

初めてバーベキューをする時は、
バーベキューコンロも、必要となりますので、
準備される際のポイントをお伝えします。

もちろん、川原などで、石を積み上げて、網を置いて
バーベキューをする!
という方には、コンロは必要ないですが、いつかは、必要になります。

ただ、選び方は簡単です。
スーパーやホームセンターなどにも販売されていますので、
比較的、簡単に、調達できます。

バーベキューコンロにも
写真にあるように、上から見て、四角いモノ
丸いモノ
足が付いているモノ
足が付いていないモノ
などと、見た目や大きさが違うモノがありますが、

まず、大きさは
何人くらいで、バーベキューを楽しむかによって、考えてください。
ただ、大は小を兼ねますので、大きめでも良いと思います。

ただし、自宅のベランダや庭でも、バーベキューしたい!
という方は、ベランダや庭の広さを考慮した大きさにする
というのも、グッドアイデアだと思います。

バーベキューコンロの見た目は、お好みでOKです。

見た目の形は、四角でも丸型でも、お好みで、OKですが、
コンロの上に置く網や鉄板の形を考えると、
四角のモノにした方が、使いやすいのではと思います。

それから、足が付いているか、いないかは、
立ってままで、焼くか
座った状態で、焼くか

ということで、適度な足の長さ(地面からの高さ)が
変わってきますので、選択が悩ましいところでありますが、

キャンプに行ったり、日帰りバーベキューに行くというのは
アクティブなイメージがありますから、
けっこう、立ったままで、焼いている人たちが多いように思います。

なので、ご自身で判断していただくのが最良かと思います。

なお、バーベキューコンロの値段は、ピンからキリまであります。

炭火で長時間、熱せられて、
バーベキューが終わったら、水などで消化され、
というように、ハードな扱いをされることになるので、
ある意味、消耗品だと捉えて、高価なモノを持つ必要はないと考えます。

材質も、高価なモノは耐久性の高い材質を使用しているのもありますが、
値段のとの兼ね合いの部分ですので、
予算と相談しながら、ご検討下さい。(私は安いモノで良いと思ってますが)

もちろん、消耗品と言っても、2回や3回で使えなくなるというものではなく、
大事に使えば、何年も使えますので、ご安心ください。

私の場合、ベランダでバーベキューをした時に、
終わったあと、炭火を消化し、念のためということで、
コンロに水を貯めたままにして、何日も放置してしまうことがありました。

そういうことを繰り返してしまうと早く腐食していまう可能性もあります。

こういう使い方をしなければ、安いものでも、けっこう、長期間、使えますよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク