スポンサーリンク

キャンプで、炭火焼きバームクーヘンにチャレンジ!お子さんも大喜びですよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

キャンプで、バームクーヘン作り!子供たちに、大好評でした!

キャンプで、バームクーヘン?!
と思う方も多いと思いますが、
お子さんと一緒に、バームクーヘン作りに挑戦してみてください!

バームクーヘン5

キャンプ場で、お母さんが魔法使いに!なれるかも。

なぜ、バームクーヘンをキャンプで作るのか?

仮に、自宅で、バームクーヘンを作るとなると、
フライパンや卵焼き器で焼くことになってしまいますが、
本来のバームクーヘン作りは、もっと、豪快に作るもので、
簡単に言うと、「豚の丸焼き」のように、
火の上で、グルグルと回しながら、焼くわけです。

ですから、家の中よりも、アウトドアなお菓子なのです。

これ、炭火さえあれば、誰でも、簡単にできます。

材料は、下記のようなモノがあれば、OKで、
各材料の分量は、検索して、お好みの量にしてくださいね。
お好みの味にするのが一番ですから!

😀  材料
   卵
   上白糖(無ければ砂糖)
   コーンスターチ
   小麦粉
   バター(無塩)
   牛乳
   バニラエッセンス(無くてもOK)

上記の材料をよく掻き混ぜ、ミックスできたら、あとは、焼くだけです。

スポンサードリンク

バームクーヘンを焼くことが楽しいイベントになります!

その焼き方とは、

まず、竹ぼうきの柄のような太さの筒を準備しておきます。

文字通り、使い古した竹ぼうきの柄を1メートルほどに切れば、OKです。

要するに、直径が2、3cm程度の太さで、1メートルほどの棒があれば、
もう、あとは、焼くだけです。
もちろん、その棒の表面はきれいに洗っておいてくださいね。

まず、
♥ その棒に、50cmほどの幅に、上記で掻き混ぜた生地をお玉か何かでかけます。
♥ そして、炭火の上で、クルクルと回しながら、焼きます。
♥ 多少、焦げ目が付いてきたら、炭火から遠ざけ
♥ もう一度、バームクーヘンの生地を焼けた部分の周りに、万遍なく、かけます。
♥ そして、また、同じように、炭火の上で、クルクルと回しながら、焼きます。

バームクーヘン焼き

(出典:http://www.icoro.com/)

あとは、同じように、適度な太さになるまで、
♥ 生地を付けたら、焼く
♥ 焼けたら、生地をつける

という行為を何度も何度も、繰り返します。

いたって、簡単に、バームクーヘンが焼けちゃいます!

もう、これで、OKです。焼けたバームクーヘンの直径が、10cm以上になってきたら、
あとは、お好みの太さになるまで、焼きましょう。

そして、焼きあがったら、棒状のモノを抜き出せば、
はい、バームクーヘンの出来上がり!です。
初めてでも、意外に、簡単にできますから、キャンプでの遊びとして、挑戦して下さい。

焼きあがった後、うまく、棒状のモノを抜き出すには、
焼き始める前に、棒にアルミホイールを巻いてから、
溶かしたバターを適度に覆っておくと
抜きやすいですので、試行錯誤して、バームクーヘン作りを楽しんでください。

スポンサードリンク
スポンサーリンク